パーキンソン病は性別と遺伝子によって進みが変わる
女性では22%、遺伝子LRRK2の変異によって最大26%進行が遅延

2024年02月20日

研究?産学連携

 中国体育彩票app大学院薬学研究院の研究チームは、短期間の観察から長期間の変化を推定する独自の解析技術によって性別や遺伝子がパーキンソン病の進行に及ぼす影響を研究しました。その結果、女性であることやLRRK2と呼ばれる遺伝子に変異を持つことでパーキンソン病の進行が遅くなることがわかりました。この結果により、患者の性別を考慮することや事前に遺伝子を検査することで、一人ひとりの進行の正確な予測につながることが期待されます。

 本研究成果は、薬学研究院の博士課程研究員である神亮太を筆頭著者として2024年2月19日(現地時間)に、学術誌CPT: Pharmacometrics & Systems Pharmacologyで公開されました。

  • SReFT解析により明らかとなったパーキンソン病評価指標の時系列変化。男性(上段)に比べて女性(下段)で進行が遅い(カーブが緩やか)こと、遺伝子変異によって進行が異なることが示された。赤線は遺伝子変異を持たない群、青は変異の一つであるrs76904798を、黄色はG2019Sの変異を持つ群、緑はいずれの変異も持つ群。

2024-04-19 00:29:04 - [User Error]:Open file failed, file=/home/wwwroot/default/data/autoClearCache.lock [file]:/home/wwwroot/default/inc/func/2.php[389]